保険で補償されない事故車の買取について

ユーザーが車を売却する場合、主にディーラーに下取りに出す方法と専門の買取業者に売却する方法があり、それぞれメリットとデメリットが存在します。
具体的にはディーラーへの下取りの場合は信頼性が高く、また手間がかからないというメリットがあり、買取業者への売却は金銭的に下取りより得することが多いです。

しかしこれが通常の中古車の場合さほど大きな金額になりませんが、事故車の場合には非常に大きな差がつく場合が多く、
保険で補償されないような事故車の場合買い取り業者への売却がよりお勧めです。

ディーラーとはあくまで新車を販売する場所であり、中古車を転売する技術はあまり長けていません。
これが例えばオークションで高値がつきやすい車であればいいのですが、事故車などの場合は転売することがより難しくなり、
必然的に買い取り専門の業者よりも低い値段で引き取るをえません。

買い取り業者の場合は例えば事故車であっても発展途上国に販売するなど独自のルートを持っている場合が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)